初心者でもわかる・できる! 歌ってみたのミックス(MIX)のやり方・方法

初心者でもわかる・できる! 歌ってみたのミックス(MIX)のやり方・方法

ミックスのやり方がわからない!何をどうすれば良いの?
そんな初心者の方のために、Logicのプリセットだけを使って、歌ってみたのミックスをする手順・方法をご紹介します。

ここではLogicを使って説明していますが、考え方はCubaseなど他のDAWでも同じですので、ぜひ参考にしてくださいね!!

ミックスをするための下準備1

サンプルレートを設定する

オーディオファイルとプロジェクトのサンプルレートが合わない場合、オーディオファイルの再生スピードが変わってしまう場合があるので、サンプルレートの設定をしましょう。

Logicのサンプルレートを設定する

カラオケ音源を読み込んでBPMを設定する

歌ってみたのカラオケ音源を読み込む前に、テンポ設定が必要です。楽曲のテンポ(BPM)が解っている場合と、テンポがわからない楽曲を読み込んで解析する方法をご紹介します。

Logicで歌ってみたのオケのテンポ(BPM)を解析する

カラオケ音源の音程を変える

UpDown2

カラオケ音源は原キー、録音してあるボーカルは別のキー。そんな時はカラオケ音源のキー変更をしましょう。

Logicでカラオケ音源(off vocal)のキー変更をする

ボーカル音源を読み込む

ドラッグ&ドロップでボーカル音源を読み込みましょう。

Logicで歌ってみたのオケを読み込む

ボーカル音源をステレオからモノラルにする

ボーカル音源がステレオだった時はモノラルに変換してからミックスしましょう。一度モノラルで書き出してから再び読み込むことをおすすめします。

Logicでステレオからモノラルにする

マーカー機能で見やすく整理する

マーカー機能を使うことで見た目にもわかりやすく、効率よく作業できます。イントロ・Aメロ・Bメロ・サビ・間奏・アウトロなど、わかりやすい名前をつけましょう。

マーカー機能で見やすく整理する

ボーカルを整える

ディエッサーをかける

ディエッサー_png-2

ディエッサーを使うことで、歯擦音の高音域だけにコンプレッサーをかけられるため、聴きやすい音(歌)となります。

Logicでのディエッサーの使い方

ピッチ補正・タイミング補正をする

ピッチ・タイミング補正で有名なソフト、MelodyneやAuto-Tuneが無くても、Logicに標準搭載されている「Flex Pitch」を使用して、ピッチ補正ができます。

Logicでピッチ補正をする

EQをかける

イコライザー(EQ=イーキュー)でトラックの周波数を変更・整えます。良いところを持ち上げて、不必要な音をカットしてバランスを取って音を作ります。

LogicでのEQ(イコライザー)の使い方

コンプレッサーをかける

コンプレッサー

コンプレッサー(Compressor)で、一定のしきい値を超える音量の大きい部分を圧縮して、小さい部分との音量差を減らします。トラック内の音量差を少なくして聴きやすくします。

Logicでのコンプレッサーの使い方

*ここではEQ→コンプという順番ですが、コンプ→EQでも良いです。
 楽曲によって判断してくださいね。

ミックスをするための下準備2

ボーカルをパートごとに書き出しする

書き出し

歌ってみたのミックスでは、ピッチ補正を行なった後に、一度、ボーカルの書き出し・読み込みをしてからミックスを開始します。モノラルで書き出す方法をご紹介します。

Logicで歌ってみたのボーカルを書き出す

全パートの読み込み

プロジェクトの外にボーカルの書き出した場合、全パートをドラッグ&ドロップして読み込みます。「ボーカル音源を読み込む」と同じです。

Logicで歌ってみたのオケを読み込む

リージョンカラーをつける

リージョンに色をつけて見た目にもわかりやすく、効率よく作業しましょう。

Logicのリージョンにカラーをつける

ボーカルを際立たせる

プリセットを使う

Logicにあるプリセットを使用して歌ってみたのボーカルをミックスしてみましょう。

Logicのプリセットでボーカルをミックスする

*ケロケロボイスにする方法はこちら

*ラジオボイスにする方法はこちら

*カットアップにする方法はこちら

パンニング

ボーカル(メインメロディー、ハモリ、コーラス)を左右に音を振って、広がりを持たせましょう。

パン(Pan)を振る(パンニング)

リバーブをかける

リバーブ(Reverb)で音に残響を加えて、空間を表現・演出しましょう。

Logicでのリバーブの使い方

ディレイをかける

ディレイ(Delay)で、やまびこ効果を加えて、立体感や奥行き感を演出しましょう。

Logicでのディレイの使い方

オートメーションをかける1

オートメーションを使用することで、トラック内の「ボリューム」「パン」「エフェクト」などを自動化させることができます。

Logicでオートメーションを使用する

オートメーションをかける2

ディレイやリバーブなどに、オートメーションをここだけかけたい!という時にはこちらの方法で。

オートメーションを使用する2

楽曲の書き出し

全トラックをまとめて書き出しする

書き出し2

ミックス作業が終わったら、楽曲の書き出し(バウンス)を行います。

Logicでミックスした楽曲を書き出す

お疲れ様でした♪
これで歌ってみたのミックス(MIX)の完成です!!

ミックス/Logicカテゴリの最新記事